コラムCOLUMN

エンドポイントセキュリティとは

用語解説
エンドポイントセキュリティとは

概要

エンドポイントセキュリティとは、サーバーやパソコン、スマートフォンなどの端末( = エンドポイント)自体や、その中に保存されている情報を守るためのセキュリティのことです。

解説

ネットワークに接続された端末であるサーバやパソコンなどを指す「エンドポイント」に対し、その中に保存されている情報を守る行為そのもの、もしくは対策手法を指す言葉がエンドポイントセキュリティです。

近年ではインターネットの普及によりスマートフォンを通じて社内外からネットワークにアクセスすることが可能になり、エンドポイントの範囲は大幅に広がっています。

エンドポイントセキュリティが必要とされる背景には、サイバー攻撃の変化や端末の利用環境の変化があります。

攻撃手法の変化

旧来、ネットワーク経由で大量のパケットやウイルスを送りつけることで、サービスやシステムを停止させる攻撃が多く行われてきました。

近年では、特定の組織や個人にターゲットを絞り、端末内にある個人情報や金銭にまつわる情報を抜き出す攻撃が増加しています。

こういった攻撃手法の変化によって、求められる対策手法も変化しています。

利用環境の変化

現在企業のエンドポイント環境はデスクトップパソコン、モバイルノートパソコン、仮想デスクトップの導入、タブレットやスマートフォンなど様々な端末が利用されています。

また自宅勤務やモバイル、クラウド環境の利用など、社内 LAN 環境以外にも様々なネットワーク環境で利用されるようになっています。

このような変化に対して外部ネットワークからのセキュリティ対策だけでは対応をする事が出来ずエンドポインのセキュリティ対策が必要とされています。

エンドポイントセキュリティとしてはアンチウイルスなどのマルウエア対策、スパムメール対策、暗号化、 Web フィルタリングなどがあります。

本ページは、情報セキュリティ分野で利用される範囲における用語解説を目的としている為、表現に正確性に欠ける場合がございます。あらかじめご了承ください。

カテゴリー

最新記事