お知らせNEWS

セキュリティア、テレワーク支援でクラウドアンチウイルス、クラウドUTMの無償提供をスタート

株式会社セキュリティア(本社:東京都中央区、代表取締役社長:中村俊一、以下:セキュリティア)は、新型コロナウイルス感染防止に関する支援策として、テレワーク用パソコンに利用可能なフルクラウド型アンチウイルス(MR-EP)、またクラウド型UTMサービス(MRB-cloud)の無償提供を本日から2020年3月末日まで実施いたします。

背景と問題点

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、対応策としてテレワークを推進する企業が増加しております。
持出し用のノートパソコンを利用することが多いですが、従来のサーバー型アンチウイルスだけでは社内ネットワークとつながっていない端末をウイルスから充分に守ることができません。
急いで利用したいのに、パソコンのセキュリティについて悩まれる担当者も多いのではないでしょうか。

持出し用パソコンのアンチウイルスをクラウド型にすることで、VPN等で社内ネットワークとつながっていない状態でもアンチウイルス機能を有効にすることができます。

同様に、社内ネットワークを介さなくては機能しなかったUTM機能も、クラウド型にすることで機能させることができます。

無償提供の概要

  • 提供サービス:クラウド型アンチウイルス「MR-EP」、クラウド型UTM「MRB-cloud」
  • 無償提供期間:2020年3月31日(火)まで
  • 対象企業/団体:テレワークをご検討いただくすべての企業様や団体様

提供条件と内容

  • 1社あたり、100台分まで提供します。
  • 利用台数10台以下 3月末まで無償利用。無償提供期間終了後は、有料サービスに切り替えて利用を継続できます。
  • 利用台数11台以上 2カ月間以上のご契約が必要です。3月末までのご利用分を無償とさせて頂きます。

CONTACTお問い合わせ

サービスの詳細やお申込み方法についてのお問合せにつきましては、下記申込フォームよりお問合せをお願いします。

カテゴリー

最新記事