エンドポイントワークスタイルイノベーション

さまざまなワークスタイルに応じた安全安心なICT環境を提供するだけでなく、業務分析から業務改善に役立つ情報までを包括的に提供するエンドポイントワークスタイルイノベーションソフト

「Shield Share Standard」を導入すれば

クラウドサービスやファイルサーバー、文書管理システム上のファイルを閲覧・編集する際PC上に生成される作業ファイルの情報保護
【特許出願中】アプリケーションシールドの技術によるVDI環境レベルの安全安心な利用環境をシステムトータルに実現

対象とするサーバー共有フォルダー内ファイルを自動暗号化

全利用者PCの統合運用管理ツールを提供。アクセスログレポート機能を併せて提供

利用者PCへのソフトウェア導入・設定作業が不要(インストールレス)

社外関係者との情報共有の際にも利用可能(オフライン利用可能)

情報漏えい対策ツールとして「Shield Share Standard」で実現できること

「Shield Share Standard」活用事例(各種情報漏えい対策)

個人情報

(人事・総務・営業・マーケティング部門)

顧客、社員(マイナンバー)、派遣(委託)、学生など

技術文書

(研究開発・プログラム開発・建築設計デザイン部門)

設計図書(CAD)、開発文書、プログラム情報、成分配合情報など

業務マニュアル

(店舗・営業(販売)・生産(製造)・設備保全部門)

店舗運営、設備保全、製造、規程集など

医療関連書類

(医療機関)

電子カルテ、臨床データ、治験データなど

文教関連書類(文教機関)

(文教機関)

試験問題、論文、実験データなど

著作権保護

(デザイン・知的財産部門)

通信教材、デザイン(意匠)、コンテンツなど

契約書類

(管理・法務部門)

働き方改革支援

在宅ワーク、モバイルワークPCセキュリティ対策として

ファイルセキュリティ対策の落とし穴

①ファイルサーバーアクセス制御運用での脆弱性

②ファイルサーバー暗号化、秘密分散運用での脆弱性