MR-AM

MR-AM

月額600円から始められる
手軽に導入できる
フルクラウド型資産管理ソフト

概要

フルクラウド型資産管理ソフトでニューノーマルな働き方も管理する

ワークスタイルの変化や新型コロナウイルス対策のために急速に進むテレワークですが、テレワークの普及に伴い情報セキュリティのリスクが増え、改めて自社のPCがきちんと管理されているのか不安に感じている企業も多いのではないでしょうか。
そこで「MR-AM(MR-Asset Management)」では、これまでコストやサーバなどの環境整備が必要な観点から資産管理ツールの導入が難しいと感じていた企業に対して、安価で且つ手軽に導入できるフルクラウド型の資産管理ソフトをご提供いたします。

どこにいても管理対象すべてにポリシー適用と脅威対策を

社内
社外
国内拠点
海外拠点
社内だけでなく外出先も海外も

社内ネットワークだけでなく、外出先や海外など利用環境を問わずMR-Asset Managementで管理することができます。

こんな課題に対応!

社内外を問わずにPCを管理したい

社内だけではなく社外での業務が増え、PCの利用環境が多様化したことにより社内・社外問わずにPCの管理が必要になった。

社外PCがきちんとセキュリティ対策ができているか不安

社内ネットワークに接続していないPCがきちんとOSやソフトウェアが最新になっているのかわからない。

手軽に導入したい
 

資産管理ツールを導入しようと思っても、サーバの立上げや最低ライセンス数の縛りなどから手軽に始められない。

特徴

ポイント1ロケーションフリー

社内ネットワークだけではなく、外出先や海外などどこにいても利用環境を問わずに管理対象全てにMR-AMで管理することが可能なため、ポリシー適用と脅威対策が可能になります。

ポイント2シンプルマネージメント

ウィザードに沿うだけの簡単設定で必要な初期設定が完了。さらに管理端末のセキュリティ状態はグラフ化され、アラートはダッシュボードで一覧表示されるため、ダッシュボードを確認するだけで企業のセキュリティ状態がわかるようになっています。

ポイント3直感的なダッシュボード

全体のセキュリティレベルと違反行為の詳細がダッシュボードを見るだけで把握することが可能です。

ポイント4導入ハードルが低い

フルクラウド型のためサーバ不要で監視対象のPCを管理することが可能です。また、最低契約数は1ライセンスからで且つ、初期導入費用が不要なため安価で始められる資産管理ツールになっています。

CONTACTお問い合わせ

資料請求、お見積もり、ご相談などは下記お問い合わせフォームからご連絡ください。

MR-AMとは

どこにいても管理ができるクラウド型資産管理サービス

管理用サーバの用意は不要

サービス構成

基本パッケージ
  • HW/SW管理
  • 契約管理
  • オフラインデバイス管理
  • 脆弱性診断管理
  • SW アップデート管理
  • アプリケーション制御
  • ログ取得(30日)
  • アラート管理
  • ディスク暗号化(BitLocker)
  • フォルダ管理(Windowsのみ)
  • 就業管理
オプション
  • ログ取得 90/365日
  • 外部デバイス制御
  • インターネットリモコン
  • スマートデバイス管理

基本パッケージ

ハードウェア一覧(レポート)

端末のインベントリ情報を基にハードウェア情報を一覧で表示します。

取得できる項目

  • ハードウェア名
  • クライアント種別
  • 利用者名
  • グループ名
  • OS
  • IPアドレス
  • インベントリ取得日時
  • ポリシー名 など
ソフトウェア一覧(レポート)

端末のインベントリ情報を基にインストールされているソフトウェア情報を一覧で表示します。

ライセンスレポート

  • ソフトウェア一覧
  • 実行ファイル一覧
  • ウイルス対策ソフトウェア一覧
  • ライセンス過不足一覧
  • VPPライセンス管理一覧
ハードウェア契約管理/棚卸し

リース・レンタルなどの端末ごとの契約先や開始・終了日、金額などの契約情報を登録できます。
また、契約情報と紐づけて対象端末を一覧表示します。

管理機能

  • ハードウェア契約管理
  • 棚卸し機能
オフラインデバイス管理

クライアントの接続状況をハードウェア一覧から確認。
【オンライン/オフライン/退席中】の3つの状態で表示します。
在席確認が取れるので、遠隔地のユーザーと会話をすることが容易になります。

脆弱性診断管理

サイバー攻撃で狙われやすい「PCの脆弱性」を自動で診断します。
端末の状態とPCのあるべき姿がまとまったセキュリティ辞書を突合せ、どのPCにどのような脆弱性があるのかを一覧で表示します。

脆弱性管理

  • 端末のセキュリティ状態を把握
  • 管理端末のセキュリティ状態を5段階で評価しグラフで表示
アプリケーション制御

業務に無関係なソフトウェアや情報漏えいの危険性があるソフトウェアの起動を制御し、不正操作等による情報漏えいを未然に防ぎます。

操作ログ取得

持ち出し端末の操作ログ取得が可能(30日分標準)
社内外を問わず、Windows端末とMac端末の両OSから操作ログを収集します。
違反があった操作のアラート結果をレポートで表示します。

ディスク暗号化(BitLocker)

BitLockerの保護情報をダッシュボード上に可視化し、持出しPCの暗号化の確認とコントロールがクラウドで実現します。

就業管理

勤怠ダッシュボードにて残業人数の確認が可能。
従業員の勤務時間を把握し、時間外労働の超過抑制を豊富な設定から管理ができます。

CONTACTお問い合わせ

資料請求、お見積もり、ご相談などは下記お問い合わせフォームからご連絡ください。