文部科学省「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」に対応
【小中高向け】すぐにできる学校の個人情報漏えい、メディア紛失対策

学校から個人情報記録メディアの紛失事故を無くそう!

 

担当者の思い

「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」対応は費用がかかる。

校務系システム・校務外部接続系システムの再構築は、費用がかかる。

将来のシステム変更にも対応する必要がある。

 
 

校務系情報の共有と情報漏えい対策は簡単に実現できる!

 
 

サーバーで自動暗号化、教職員のPCからの情報漏えい防止を1つのソフトで実現

 
 

作業(編集)中の情報を保護


アプリケーションシールド技術※1により、既存のアプリケーションによって機密情報ファイルの閲覧や編集、更新をしながら、作業者による情報漏えいリスクをなくすことが可能

インストールレス


デスクトップの仮想化やPCへのソフトウェア導入・設定作業が不要

 
 

作業(編集)中の情報を保護


対象とするサーバ共有フォルダ内のファイルを取り込み時に自動で暗号化

作業(編集)中の情報を保護


エクスプローラに類似したインターフェースのため、ユーザへの教育は不要

 
 

例えば…


※1 暗号ファイルで管理したままで、シールドマネージャーと呼称するプログラムからアプリケーションを実行するとアプリケーションシールドと呼称するプログラムが同時に実行され、ターゲットアプリケーションの動作を制御することが出来るクリエイターズ・ヘッド独自の技術(特許出願中)

生徒の学習記録や通知表、調査書などの校務情報共有を安全に使用したいとき

出張先などでの作業が必要になった時の情報漏洩対策に

個人情報を含むデータの閲覧、編集に

 
 
 

Shield Share CS Pro オフライン端末でも情報漏えいを防止
Shield Share Standardの姉妹商品

 

●管理外、遠隔地にあるPCからの情報漏えい防止を実現
●持出先のネットワーク環境不要
●情報の移動方法は選ばない